<< サム・トゥッ・ソリJAPAN TOUR(姫路公演・打ち上げ) | main | サム・トゥッ・ソリJAPAN TOUR(江東公演・その2) >>

スポンサーサイト

  • 2016.09.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サム・トゥッ・ソリJAPAN TOUR(江東公演・その1)

姫路公演の翌日。
照明のS氏と一緒にトラックで東京へ移動。

江東公演は平日のためホテルから会場までの移動に時間がかかることが予想されました。
そこで相談の結果トラックを会場の近くのパーキングに止めて、電車でホテルに入ることに。

最寄り駅のパーキングを見つけトラックを止めてホテルまで約30分の電車移動。
ホテルに入ってからお腹が空いたので軽く食事をしてから、翌日の千秋楽に備えてベッドに入りました。

江東は夜の公演のため11時に会場入り。
少し余裕を持って出発したら早く着きすぎて会館の喫茶店でコーヒータイムに(笑)

 
11時に搬入口に行くとすでに東京メンバーが待機。

すぐに搬入が始まりました。

この会場は平台やピアノが地下に保管されているため、舞台袖にある迫(セリ)で舞台まで上げてくる必要があります。

事前にピアノや平台が必要なことは伝えておくと、
必要な備品を舞台に準備しておいてくれる会館が多いのですが、ここはそうではありませんでした(苦笑)
で、手の空いているスタッフで地下まで降りてピアノと平台を上げてくることに。。。

順調に仕込みをすすめて、サム・トゥッ・ソリが会場に来る前にすませておきたい作業が残りました。

そうです。最終日ということで、お客さんには申し訳ないのですがスタッフからメンバーへのお礼のサプライズを仕込みたかったのです。

姫路公演が終わった後、照明スタッフを打ち上げに参加させないで京都に帰ってもらったのがその準備のためだったのです。
照明のSさんは薄いアルミの板にそれぞれの文字を掘る作業を時間をかけてやってくれました。。。
(結構たいへんな細かい作業なのです・・・・。)

それで完成したのが下記の写真。
1部の終わりと2部の終わりに、それぞれ
감동 고마워요(感動をありがとう)

꼭 다시 만나요(必ずまた会いましょう)


と、サム・トゥッ・ソリからだけ見えるように舞台の床に明かりの文字で出すことにしたのです。
(写真は文字確認中の一コマ。出演者側から読めるようになっています)
ちゃんと意味が通じるか、通訳のMさんにわざわざ見てもらって確認。
1か所、間違いがあったので修正して完成。
リハーサルではそんな仕込みをしたなどなかったかのように淡々とすすめリハサールは終了。
やや余裕を持って本番を待つことになりました。

(その2に続く…)



スポンサーサイト

  • 2016.09.01 Thursday
  • -
  • 18:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM