<< サム・トゥッ・ソリJAPAN TOUR(埼玉公演・その1) | main | サム・トゥッ・ソリJAPAN TOUR(姫路公演) >>

スポンサーサイト

  • 2016.09.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サム・トゥッ・ソリJAPAN TOUR(埼玉公演・その2)

埼玉公演・昼の部の歓迎演奏は「朝鮮初中級学校」のみなさんも参加してくださり、すてきな演奏を披露してくれました。
この子どもたちのうたごえがすばらしいもので、リハーサルから感動してしまいました。

昼の部は満席だったので、この朝鮮初中級学校の子どもたちは客席の最前列。
つまり舞台の演奏者の目の前(なんと1メートルも離れていなかった・苦笑)
かぶりつきで聞いてくれた子どもたちはどんな感想を持ってくれたのでしょうか?

本番が始まる直前に、ソン・ビョンフィが僕のところにきて「曲目を変更したい」といだしました。
聞いてみると、昼の部は子どもたちが多いので、子どもたちも楽しめる曲を増やしたいとのこと。
結局、昼の部と夜の部の演奏予定曲を入れ替えて演奏することになり、
慌てて、音響さんと照明さんに連絡。
本番に備えました。

 
すばらしい歓迎演奏に触発されるように、サム・トゥッ・ソリの演奏も素晴らしいものになりました。

なかでも、朝鮮学校を守る運動で生まれた「私たちのふるさとーウリハッキョ」は、朝鮮学校の子どもたちを前に演奏されたこともあり感動しました。

昼の部が終わってお客さんが退場されたらすぐに夜の部の歓迎演奏のリハーサル。
夜の部は「朝鮮女性同盟」のみなさんが演奏をしてくださることになっていて、そのリハーサルです。

スタッフはその間に少し休憩をさせていただき夕食タイムにしました。

夕食はお弁当も用意してくださっていたのですが、差し入れ(?)の韓国海苔巻きやキムチなどをおいしくいただきました。

サム・トゥッ・ソリの男性メンバーは休憩室にゴザを敷いて短時間の午睡(笑)

やがて本番の時間になりスタンバイ。
夜の部の課題は時間通りに終わること(苦笑)

なにしろ、会館の方が一番気にされていたのが退館時間。
21時半には完全退館してくださいと何度も念押しされていたので、それより遅くなるわけにはいきません。
20時半に本番を終えて全力で後片付け。
もし遅れたら大変だと思い、片付いた機材からとにかく会場の外へ出してもらいました。
気が付くと21時10分くらいにはほとんど搬出を完了。
ただ、急いで片付けすぎたのでケーブルが1本、舞台の迫(セリ)の間に落ちてしまい行方不明に。
(結局見つからなかったのですが、落ちたと思ったのは目の錯覚だったのかもしれません・・・・)

で、道路にトラックを停めてゆっくりと積み込み。
少し遅れて打ち上げ会場に挨拶に行ってからホテルに戻りました。

翌日は姫路への移動日。
別件の仕事で東京の青山に寄り道してから姫路に向かいました。

 

スポンサーサイト

  • 2016.09.01 Thursday
  • -
  • 20:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM