<< 今村組年末LIVE | main | YUKIMURA >>

スポンサーサイト

  • 2016.09.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


祭衆・師走公演

私にとって、 2009年最後のライブ(コンサート)が、27日にあった「祭衆・師走公演」でした。

毎年のことなんだけど、年末は「今村組」「祭衆」「ケロポンズ」などなど・・・。
コンサートが目白押し。
1ヶ月にいくつもコンサートを入れているので、どの公演でどんな打ち合わせをしたのかがわからなくなることもしばしば・・・・・。
(年齢のせいと言う声もチラホラ・・・・)

で、今年は「祭衆・師走公演」が最後の現場仕事でした。

この日のメニューは…

・音踊
・Ground Rhythm
・たまゆらの
・in5
・イソギアシ
・ZA-KYO
・ODEN
・遠雷楽
・禮音
・(アンコール)間人





師走公演と言えば、毎年私が舞台監督を務めているのだけど、
今回は私は表方・・・。

舞台監督は若手のnomさんに任せて、仕込み〜リハも客席で見守る役目。
仕込みはもちろん心配などなにもなく、順調に進み(前日に仕込んだのです)本番当日にリハーサル。

何年ぶりかの客席でのリハ鑑賞(笑)

リハ中に気になったことはその場で止めて意見交換し、
リハ終了後も簡単なダメだしをして午前が終了。

早々に昼ご飯を食べて受付準備を開始。

久しぶりの表方で、段取りがわからず少々とまどいながらの準備でした。

さて公演ですが、

おかげさまで客席は満席。

舞台の作りは、いつもとひと味違い1部は間口を極端に狭くして(タッパ=舞台の高さ=もずいぶん低くした)のしつらえ。

一種、狭いライブハウスでの演奏のようにしました。

客席の明かりが落ちて暗くなると、舞台の袖から鈴の音が・・・・。
やがて、演奏者が登場し「音踊」の演奏。

1曲目が終わって師走公演では滅多にないMC。(MCはここだけ)
MCのコメントの間に、舞台上の楽器がセットされ2曲目GroundRhythm。
年長の「真」に、若い「サオリ」と「アヤカ」が加わっての演奏。

2曲目を受け止めるように「ケイ」さんの笛が入って、3曲目の「たまゆらの」

あっという間に時間がたって、1部最後の曲「in5」
この曲、珍しい5拍子の曲で、結構楽しんでもらえたと思います。

15分の休憩をはさんで第2部。

休憩中に舞台中では(暗転幕をおろして、客席からは見えていない)大転換。
狭かった舞台を広げたり、大太鼓を出す準備をしたりと大わらわ。。。

ロビーでは早々にお客さんを座席に追いやってロビーにお客さんがいない状態に。

というのも、2部の最初は、客席後方から演奏者が登場するので、お客さんがいると都合が悪かったのです・・・・。(ハイ;;;)


で、2部。

客席後方からの登場にお客さんも喜んでもらえた様子。
演奏する4人が舞台に上がり、やがてリーダーのかつぎ桶ソロに。
ソロの間に他のメンバーは袖に引っ込んで次の曲の準備。

ソロが終わると2部の2曲目「ZA-KYO」
この曲、なかなか見応えのある曲なんです。
舞台の使い方とか、ダンスチームとかにも結構勉強になるのじゃなかなぁ?

その時の1枚がこれ・・・・。
アンコール

ZA-KYOが終わると、いつものように「真」のチャッパソロ。
真ちゃんがチャッパをたたいているところに、後ろの幕が開いて「大太鼓」他が出てくる転換。
ここで、一気に空間が広がる感じ。

太鼓のセットができたところで、チャッパの真が上手に移動すると、
今度は下手から「ケイ」さんが登場し3曲目の「ODEN」(笛のソロ演奏)
やがて、流れるように大太鼓の曲「遠雷楽」につながります。

ZA-KYO

10分を超える大太鼓の演奏が終わり、静かな転換を待って最後の曲「禮音」

なかなか力のこもった演奏で本編が終了。

当然の様にアンコールがおこり、いつものようにリーダーがかつぎ桶で登場。
客席の手拍子を誘って・・・・。
という段取りが、真・りいちが出てきたところでサプライズ。

真が「今日でリーダーが祭衆としての舞台は最後です。」と・・・・。

お客さんも驚いていたけど、
一番驚いたのはリーダーだったような(苦笑)

で、アンコール。久しぶりに「間人」

間人と言えば「農者天下の大本」「楽者天下の大輪」の降りかぶせ幕!

これだけ入れるかと言うほどの金銀の雪を抱いた幕が落ちてくるのは美しい光景でした。

大太鼓


楽しくにぎやかなアンコールも、終わりはやってくるもので2回目のご挨拶のあと、
もう一度いただいたカーテンコールの中、リーダーが手ぶらで下手から登場。
少し遅れて上手から真が手に花束を持って登場。

固い握手のあと、もう一度全員が登場し、深々とお辞儀をして師走公演が終了しました。

リーダーが最後という特別な想いがあったからかもしれないけど、
良い公演になったなぁ〜と感激でした。

にぎやかなアンコールの中、写真を撮りながら、ウルウルしてしまいました。

来年からの新生「祭衆」にも期待したいと思います。
ちなみに、来年はイタリア公演を予定しています。

スポンサーサイト

  • 2016.09.01 Thursday
  • -
  • 14:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
師走公演
存分に楽しませていただきました。
感想はブログに書きました。

素敵な2時間 ありがとうございました。
NABEGONさん。
ありがとうございました。
祭衆も試行錯誤しながらがんばっています。
来ていただき嬉しかったです。

ブログ見に行きます(笑)
  • ときやん
  • 2009/12/29 7:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM